スキルアップするにはどうするの?

薬剤師バイト > 薬剤師バイトはスキルアップができない?

薬剤師バイトはスキルアップができない?

薬剤師と言えば国家資格であり、一度免許を取得して就職してしまえば将来安泰というイメージがあります。もちろんきちんとしたところで働ければ、一生困らないかもしれません。しかし他のどんな職業でも言えることですが、必ずしも安泰とは言えないのです。

特に近年では薬局も競争が激化して、合併や買収されるなんてことが少なくありません。また元々薬剤師は新卒の給料はいいものの、その後上がりにくいという特徴をもつ職業であり、何もしなければ給料は上がりにくいのです。

特定の診療科や小規模の調剤薬局に勤めている、薬剤師バイトの求人で応募された方の中には、スキルアップに悩みを感じて転職する人もいます。特定の診療科の門前調剤薬局に勤務となると、扱う医薬品のほとんどがその診療科に関連するものばかりになってしまいます。
パート薬剤師の求人、注意点は?

たとえば皮膚科であれば一般的な調剤薬局に比べると、塗布薬といった外用薬を取り扱う機会が圧倒的に多くなるのです。同じように眼科では目薬の取り扱いが多くなります。すると長年勤務したとしても、その他の医薬品の調剤技術が身につきにくくなると言わざるを得ません。ずっと同じところで勤務するというのであれば困らないかもしれませんが、もし転職や転勤という状況になったとき、大変になるでしょう。

そうしたことから、若い薬剤師を中心として数年経験を積んだ後に多数の診療科がある病院薬剤師やその門前調剤への転職をするという人が多いのです。病院薬剤師の場合は注射薬や点滴薬など調剤薬局では扱わない医薬品を扱う機会も多いので、実際に触れられる医薬品の数としては格段に増えます。当然、転職後しばらくは取り扱う医薬品の数に戸惑うことも多いと思います。

ただ若いうちであれば順応しやすいですし、いずれキャリアアップを目指すときに役立つことは言うまでもありません。そうしたところでの経験が転職先で評価され、収入アップ、キャリアアップに結び付くこともあるでしょう。

これらに加えて最近では認定薬剤師、専門薬剤師などの資格を合わせて取る人も増えています。薬剤師としてのキャリアアップを目指す人は、早めに今後の方針を考えておくとよいでしょう。

病院薬剤師のボーナス事情

病院という職場は、薬剤師が活躍できる様々な職場の中でも非常に人気が高いです。 病院薬剤師の平均的な年収は450~600万円ほどだとされており、ドラッグストアなどと比べても実はそれほど高くありません。 それでも安定性が高いということで人気がある職場なのですが、ボーナスに関することも気になりますよね。

病院薬剤師の場合、ボーナスは大体月給の2.5ヵ月分が相場となるようです。 残念ながら、ボーナスに関しても他の職場と比較して多いとはいえません。

それに、病院の規模によってボーナスには大きな違いがありますよね。 しっかり出してくれるのであればまだいいのですが、ボーナスというのはあくまで利益還元であるという考え方の病院もあります。

そのため、利益が出ていない病院ではなかなか高額のボーナスを出すことが難しい状況です。 もちろんこれは病院に限った話ではなく、ドラッグストアや企業薬剤師でも同じことが言えるでしょう。

ボーナスを期待して病院薬剤師を目指すという考え方はおすすめできませんね。 やはり、病院薬剤師となる一番の魅力は安定性の高さです。

人手が足りなくて忙しい病院などでは、もしかしたら安定性のメリットよりも収入の低さというデメリットのほうが大きくなってしまうかもしれません。

この点は、就職活動・転職活動をする際によく考えなければならないポイントでもあります。 自分一人ではどの職場が自分に合っているのかわからないという人もいます。

そういった場合は、転職支援サイトを活用してみるといいでしょう。 病院といってもそれぞれの病院では経営状態や規模が大きく異なり、当然ながらボーナスや年収にも違いがあります。

転職支援サイトを活用すればそういった内部的な情報をチェックしながら転職先を探すこともできるので、実際に転職をしてからこんなはずではなかったという事態を避けることもできます。

もちろん、ボーナスや年収のみで職場を選ぶことはできませんが、転職支援サイトを利用すれば人間関係や福利厚生もチェックしたうえで比較できるので、転職支援サイトを活用して自分に合った職場探しをしましょう。

調剤薬局から病院薬剤師へ転職する

薬剤師が多く働いている職場として知られているのが、調剤薬局です。 ですが、調剤薬局は転職率が高い職場と言うことでも知られています。

求人数が多いというのも大きな理由のひとつであれば、安定性という点で不安を感じ、調剤薬局から病院薬剤師を目指す人も少なくないようです。

注意しておかなければならない点として、調剤薬局の仕事と病院薬剤師の仕事は大きく違いがあります。 そのため、長年調剤薬局で働いていた経験がある薬剤師でも、病院に勤め始めると新しく学ばなければならないことがたくさんあるのです。

ベテラン薬剤師のつもりでいたのに、知らないことばかりで困ってしまったという人も珍しくありません。 調剤薬局で働く場合、基本的な仕事内容は調剤ですよね。

一方病院薬剤師の場合は、医師の指示に従って注射や薬の調剤業務を行う形になります。 それから、服薬指導も病院薬剤師の大切な仕事のひとつです。

調剤薬局でも服薬指導を行うわけですが、調剤薬局には術後すぐの患者さんや、重症な患者さんは訪れませんよね。 病院薬剤師として働く場合はこういった患者さんとも接していくわけなので、調剤薬局よりも高いコミュニケーション能力が必要となるでしょう。 もちろん、調剤に関しても細心の注意が必要となります。

それらを理解したうえで調剤薬局から病院薬剤師を目指すという場合には、研修制度が充実している医療機関を選択したほうがいいですね。 病院によって求められる能力や対応は違います。

病院勤務未経験の薬剤師にとって働きやすい職場もあれば、そうでない職場もあるのです。 このことを十分に理解したうえで、働きやすい病院を探してみましょう。

はじめのうちは戸惑うことなどもたくさんあると思いますが、しっかりした研修を行ってくれる病院であれば、安心して働き始めることができますよね。

研修が充実しているかどうかは実際に働き始めてみないとわからない場合もありますが、転職支援サイトでコンサルタントに話を聞きながら転職先を考えてみてはどうでしょうか。